乾燥・花粉症・イライラで顔がかゆくなります

乾燥・花粉症・イライラで顔がかゆくなります

毎日ではありませんが、無性に顔がかゆくなる時があります。

 

原因:冬では乾燥肌でかゆみが特に出やすいです。
肌を触ってみるとカサカサしており、掻き続けるとさらに皮膚がめくれて悪化します。
またかゆみが悪化すると赤みを帯びてきます。
かゆみがひどくなると、また気になって仕方がなくなり掻いてしまうという悪循環に陥ることがあります。

 

春になるとスギ花粉アレルギーがあるため、花粉が多い日は皮膚もかゆくなります。
たまにイライラした時に顔が気になって手が伸びてしまいます。
掻きむしってしまうことがあります。特に鼻の先端がかゆくなります。

 

対策:乾燥肌には加湿器を使うとかなり効果があります。
また、入浴はシャワーだけでなく湯船に浸かる方が効果的です。
お風呂上がりにはやわらかいタオルで水滴を優しく拭くことです。
冬の場合、さっぱり系のものよりも保湿重視のクリームの方がおすすめです。

 

花粉症による皮膚のかゆみは、花粉になるべく触れないことが望ましいです。
難しい場合は帰宅後すぐに払い落すのが重要です。帰宅後の洗顔や、外出時にはマスクを使うと頬のかゆみが出にくくなります。

 

イライラについては、温かい飲み物を飲んでリラックスする方法があります。
リラックス効果だけでなく、温かい飲み物の蒸気によって掻きむしった肌に一時的にうるおいを与えることが出来ます。また掻いたあとは保湿クリームでケアして再び触れないようにしましょう。